わきがをなんとか治したいと思っている方は結構多いです。

治すと言っても、皮膚科で手術をする方法が一般的と言われましたが、最近は制汗剤などのデオドラント商品などが売られています。
ワキガだとしても、人によってその程度は違い、臭いがあまりきつくない場合は、制汗剤だけでも十分に効果があります。

ワキガ体質であったり、親がワキガである場合、息子や娘も遺伝してしまう場合も少なくなく、デオドラント商品だけでは対応が無理な場合もあります。

ワキガ体質は耳垢がベタベタしている、親(母親父親どちらでも)がワキガである場合、高い確率で子供に遺伝します。

そこで、制汗剤やスプレーなどでごまかすのではなく、腋臭に対してしっかりしたクリームなどで、菌そのものをなくすような専用クリームなどが出回っています。

クリアネオ、デオナチュレ、リフレアなどの商品がありますが、消臭剤として、口コミでも好評です。
これらは値段も高いですが、それぞれ殺菌作用が高いことが特徴で、市販されている制汗剤よりもワキガを抑えることができます。

自分がワキガであるかどうかの確認をした場合、周りの反応が気になります。
季節的には、半袖を着ていたり、通学や通勤(制服はなかなか洗濯できない)の時にどうしてもニオイは気になります。

上記に挙げた商品に関しては。制汗剤と違い、ニオイをごまかす、汗を抑えるのではなく、菌そのものを殺すことで、ニオイを防ぎます。

ネットなどで販売されているワキガクリームですが、それぞれに特徴があります。
どれが自分の体質に合うか?が問題になりますが、アレルギーなどをお持ちの方は、原材料とされているものに、自身の対が悪い反応しないようなものを選ぶことをオススメします。

それだけ、最近種類が多くなっているということですから、口コミなどを参考にしてみてください。
なお、人気ランキングサイトなどでは、ラヴィリン、ミョウバンクリーム、ラポマインなどの名前をよく目にします。


クリームのオススメはここでチェック!→http://www.dallasconcilio.org/4.html


腋臭は体質の関係で、アポクリン汗腺からの汗と常在菌が混じって臭いを発生させます。
形成外科などでは、このアポクリン汗腺を除去することで、臭いの元を断ち切ることができます。

完治ではなく再発率も高く、対策無しという結果に終わる方もいらっしゃいます。
せっかく痛い思いをして手術をしたのに、効果がないということであれば、困った事になります。
単純に手術は嫌という方は、上記のような腋臭クリームをうまく使用することで、ニオイ対策ができます。

この場合は、腋臭完治ということではなく、あくまでもニオイをしない毎日を過ごすと言うことになります。
朝つけて夜まで有効な場合が多いですが、汗脇パッドを使用したり、みょうばん石鹸などを使用するのも効果的です。

ミョウバン水などをつけることで、ニオイがなくなったという口コミや体験談も多いですが、小さな子達の場合、薬ではなく自然な形でニオイを防止したい方にお勧めです。

消毒用エタノールなども効き目がありますが、皮膚が弱い方は負けてしまう事もありますから気をつけましょう。