TOP
TOP > パーツ別の体臭対策 > ワキガ対策にミョウバン水は効果アリ?作り方や活用方法について解説!

ワキガ対策にミョウバン水は効果アリ?作り方や活用方法について解説!

ワキガ臭すら消える!臭いケア商品ランキング

商品 キャンペーン
no1 通常¥9,800→定期コース¥4,960
詳細はコチラ
no2 通常¥5,980→定期便¥4,980
詳細はコチラ
no3 webで予約するとwebマガジンプレゼント。また通常¥8,560→定期コース¥5,700
詳細はコチラ

ワキガ(腋臭症)や、体臭を消すのに効果があるミョウバン水。
お手頃価格で簡単に作ることができ、ミョウバンの消臭、制汗作用で体臭をやわらげることができます。

そのほか、お肌を引き締める収れん作用、殺菌効果などもあり、美容、衣類の消臭、いろいろな用途で使えてとても便利です。

ここではミョウバン水の作り方やワキガ、体臭に効果的な使い方などについてお伝えします。

ワキガや体臭に効果的なミョウバン

ミョウバンとは、あく抜きや食品添加物として使われる白っぽい結晶で、アルミニウムやカリウムなどの金属イオンが硫酸塩として結ばれた複合塩の総称です。

ミョウバンに含まれる様々な金属が反応することで体臭やワキガなどをやわらげることができるため、古代ローマの時代から天然のデオドラント剤として用いられてきました。

ワキガがにおう原因

人の体には脇、耳の穴、乳首などにアポクリン汗腺という汗を出す汗腺があります。
アポクリン腺の汗に含まれる物質を皮膚の雑菌が分解することで、臭いが発生し体臭やワキガになるのです。

>>ワキガが臭う原因について詳しくはコチラ!

なぜミョウバンがワキガや体臭に効くの?

ミョウバンは、水に溶かしてミョウバン水にすると酸性となります。
酸性となったミョウバン水には殺菌効果があり、においが気になる箇所に用いると、雑菌の繁殖が抑えられ臭いをやわらげることが出来るのです。

ミョウバン水には制汗効果もあるので、軽度であればワキガ予防、体臭予防にも用いることができます。

簡単で便利!ミョウバン水の作り方

 

ミョウバン水の基本的な作り方、アレンジ方法をご紹介します。

作り方の手順

ミョウバン水を作る時は、まず以下のものを用意します。

  • 焼きミョウバンまたは普通のミョウバン:30g(ドラッグストアやスーパー等で100円程度で販売しています。)
  • 水:1リットル(ミネラルウオーターより水道水の方が日持ちしやすいです)
  • ペットボトル

ペットボトルに水とミョウバンを入れて振り、ミョウバンが溶けるまで一晩置きます。
(焼きミョウバンはすりつぶすと溶けやすいです)
 
今回のように水1リットル:ミョウバン30g=30:1の割合で作ったミョウバン水が原液となります。
 
ミョウバン水は冷蔵庫で約1か月保存出来ます。

好みや用途に合わせて原液の10~20倍位に薄めて使うことも出来ます。

ミョウバン水のアレンジ方法

水の代わりに濃いめの緑茶を使うと、緑茶の殺菌作用でより消臭効果が高くなります。
緑茶を使った場合も冷蔵庫で1か月程は保存できます。

また、レモンやバーベナなど好みのエッセンシャルオイルを垂らしてアレンジすることも出来ます。
エッシェンシャルオイルを使うと、保存期間が短くなったり肌が荒れることもあるのでその点に注意します。

ミョウバンの使い方

ミョウバンの使い方、効果などをご紹介します。

身体の消臭

ミョウバン水を身体に使う時は、原液を20~30倍位に希釈し、腕の内側などでパッチテストしてから使用します。
ワキガ、体臭予防効果は個人差がありますが、6~7時間持続するケースが多いです。

わきをミョウバンで消臭する時のコツ

脇汗をかいている時は、一度市販のスプレーボトルに入れて吹きかけ、タオルなどで汗をふき取ります。
それから、みょうばん水をコットンにたっぷりつけて脇にはさむか、スプレーで吹きかけます。

お風呂上りであればワキ汗が落ちているので、そのままケアして大丈夫です。

足臭のニオイ対策

靴をはいて、足の体温が上がったりむれて湿度が上昇すると雑菌が繁殖することで、足が臭くなってしまいます。
ミョウバン水の殺菌作用で、足の臭いを消すことができます。

お風呂上りか、洗った足にミョウバン水をスプレーし、軽くふきとるか、乾くまで待ちます。

ミョウバン水のパック

希釈したミョウバン水を腕などでパッチテストします。
トラブルが見られないか確認後、市販のフェイスマスクにスプレーし3~5分ほどパックします。
ニキビが減ったり、肌がきれいになる効果があります。

入浴剤として使う

薬湯の成分としても有名なミョウバン。
入浴剤として使うこともできます。

ペットボトルのキャップ5杯ほどのミョウバン水をお風呂に入れると、ミョウバンの皮膚を引き締める収れん作用、抗菌作用でお肌がさっぱりします。

>>他にもある!お風呂に入れると効果的な成分とは?詳しくはコチラ!

衣類の消臭

部分的に軽く臭うのであれば、そこにミョウバン水をスプレーしてケアしましょう。

また洗濯の際、洗剤とミョウバンをいっしょに入れると、ミョウバンが服の臭いを消してくれます。
特に「アンモニア臭」という運動後の汗の臭いに効果があるので、運動着、作業服などの洗濯におすすめです。

>>衣類についたワキガのニオイや黄ばみをとる方法について詳しくはコチラ!

重曹を合わせて使うと効果アップ

ミョウバン同様、消臭剤として用いることが出来る天然素材が山菜のあく抜きなどに使われる重曹です。
お値段もお手頃で100円ショップや薬局などで購入できます。

汗には酢酸という成分が含まれており、これが汗臭の元になっています。
重曹は、アルカリ性のためこの酸性臭を中和し消臭する効果があります。

重曹を水に溶かして重曹水にすると、制汗スプレーやデオドラント剤として用いることができます。

ただし、重曹を長期間使うと皮膚がアルカリ性に偏り、アルカリ性を好む菌が住み着いてかえって臭いがきつくなることがあります。

重曹水を塗った後は、酸性のミョウバン水を塗ると、皮膚を弱酸性に保つことが出来ます。
ミョウバンは単体で使用しても大丈夫ですが、重曹の場合は使用後、ミョウバン水を塗って中和させた方が効果が持続しやすいです。

ミョウバン水を使う時の注意

いきなり濃い原液を使うと、肌のかぶれ炎症などを起こすことがあります。
まずは原液を20~30倍に薄めた希釈液を使い、様子を見ながら濃度を調節していきます。

ミョウバン水は赤ちゃんや子供のあせもやアトピーにも効果的ですが、子どもの肌はデリケートなので、特に加減を見ながら調整していきます。

ワキガにミョウバン水が効かない、悪化することもある?

ワキガ、体臭に効果があるとされるミョウバン水。
でも中にはしばらくたってワキガが再発したり、効果がなくなるケースもあります。

ミョウバン水が効かないワキガ

軽いワキガの頃はミョウバン水で効果が感じられても、いつの間にか再発して以前より臭いがきつくなってしまうことがあります。

重度のワキガになってしまうと、ミョウバン水でのケアは難しくなってしまいます。

中には「ミョウバン水を強いワキガに使うとかえって悪化する」という考えもあるようですが、そのようなことはありません。
ただ軽いワキガの時はミョウバン水で抑えられた症状が重症化してミョウバン水では効かなくなってしまった、ということです。

今は症状が軽いのでミョウバン水で十分、という場合でも重症化しないよう早めに予防対策をすることが大切です。

ワキガには専用のケア商品がおすすめ

ワキガを抑えるには「クリニックでワキ汗対策の手術をする」「ワキガ対策用の専用商品を使う」などの方法があります。

クリニックで手術をするには高額の費用や時間が必要になりますが、ワキガ対策用のグッズならお値段もお手頃で、自分の好きな時にケアすることが出来ます。

ぜひ軽いワキガのうちから自分に合う対策グッズを見つけることをおすすめします。
>>ワキガ専用クリームのおすすめは!?ランキングでご紹介!

ワキガに悩む人に…おすすめ関連記事
ワキガや脇臭を何とかしたい!しかし、市販や通販でも商品が数多くあります。どれが本当に効く商品なのか商品を徹底比較し、おすすめランキングを作成!